理学療法のエキスパート|必要な資格の講座を利用することが心理カウンセラーへの第一歩

必要な資格の講座を利用することが心理カウンセラーへの第一歩

ドクター

理学療法のエキスパート

女の人

日常生活の基本動作を訓練

ケガ・病気・老齢などによって身体機能に障害が生じた人に回復訓練を行うことを、リハビリテーションといいます。リハビリテーションにはいくつかの種類がありますが、最も基本的なレベル、すなわち立つ・起きる・座るなどの基本的な日常動作の訓練を理学療法といいます。この理学療法のスペシャリストが、理学療法士です。理学療法士は、厚生労働省認定の国家資格です。注意が必要なのは、この資格は業務独占資格ではないことです。そのため、無資格者が理学療法に携わることは禁じられていません。しかし専門的なスキルが要求されることから、現実には養成学校で学び、その後国家試験に合格した者がもっぱら業務に従事しているというのが実状です。

さまざまな職場で活躍

理学療法士の養成学校は、2016年現在で全国に約240校を数えます。最も多いのが専門学校で、大学・短大がそれに続きます。専門学校は3年制ないし4年制、短大は3年制となっています。なお、視覚障がい者向けには特別支援学校に養成コースが設けられています。理学療法士の中には、同じくリハビリテーション専門職である作業療法士の資格を持っている人もいます。両方の資格を持っていると患者の回復レベルに合わせてさまざまな訓練に携われるため、非常に便利です。いずれかの資格をすでに持っている場合、もう1つの資格取得を目指す際に単位修得の一部免除制度があります。理学療法士の主な職場は、病院・リハビリセンター・スポーツ関連施設などです。介護の現場で活躍している人もいます。